2010年04月12日

「考え事していて…」和歌山線でオーバーラン(読売新聞)

 4日午後10時35分頃、和歌山県紀の川市深田のJR和歌山線紀伊長田駅で、高田発和歌山行き普通電車(2両、乗客約10人)が止まらずに約60メートル行き過ぎた。

 同駅での乗降客がいなかったため、電車は同駅に戻らず、6分後に運転を再開し次の打田駅に向かった。

 紀伊長田駅は無人駅で、この電車が最終だった。JR西日本和歌山支社によると、運転士は「考え事をしていて、ブレーキをかけるタイミングが遅れた」と話しているという。

神奈川の駐屯地で結核集団感染=教育課程参加者10人発症−陸自(時事通信)
山崎直子飛行士 ISSが日本海上空を通過(毎日新聞)
金子・土田両氏の資産公開(産経新聞)
将棋 急戦調の横歩取りに 1日目終わる 名人戦第1局(毎日新聞)
ケイト・ウィンスレットとサム・メンデス監督が離婚へ
posted by セイタ ヒデオ at 18:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

<新型インフル>水際対策の効果「限定的」 国際チーム解析(毎日新聞)

 新型インフルエンザ発生時に、入国時検査の強化など各国が実施した「水際対策」の効果について、日中英の国際チームが26カ国・地域の発症状況を解析した結果、「新型インフルエンザの国内流行を遅らせる効果は極めて限定的で、統計学的に意味のある効果はなかった」との結論を英国の感染症専門誌に発表した。新型インフルエンザの世界各国の実態をもとに、水際対策の効果が検証されたのは初めて。

 チームは、アジア、欧州、北米、南米、豪州、中東の計26カ国・地域の水際対策の実施状況を調査。最初の確定患者の発症日から、発症原因となった接触者を追跡できなくなった日までの間を、「流行開始を遅らせた期間」として計算した。

 その結果、水際対策として「機内検疫」「健康申告書の記載」「せきなど症状の有無の調査」「自動体温感知器(サーモスキャナー)設置」のうち一つ以上実施した国(21カ国・地域)と、全く実施しなかった国(5カ国)の間で、流行開始が遅れた期間の差は7〜12日と短く、統計学的に違いはないと判断されるレベルだった。

 チームの西浦博・科学技術振興機構さきがけ研究員は「日本は発生当初、機内検疫など厳格な水際対策を実施したが、対策にかける人やカネとのバランスを考えれば、水際対策の実施を正当化することは難しいだろう」と話している。

【関連ニュース】
新型インフル:ワクチン輸入 257億円分解約
インフルエンザ:受診者が5週連続で減少 定点医療機関
新型インフル:WHOが検証委 ワクチン大量に余り
社説:新型インフル 幸運にあぐらかかず
新型インフル:期限切れワクチン 234万回分廃棄へ

<患者骨折>元看護師を再逮捕…別の女性への容疑 兵庫県警(毎日新聞)
食品安全庁の創設検討、消費者基本計画を決定(読売新聞)
長崎の産婦人科医会がカンガルーケアの注意喚起へ(産経新聞)
ラーメン具の定番「なると」、ブームに乗れず…(読売新聞)
サリドマイドの処方期間、最大12週に延長(医療介護CBニュース)
posted by セイタ ヒデオ at 01:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。